Hatena::Groupoval-plan

思考地図:OVALPLAN このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-09-16UI Architectureの可能性-3

人類は様々なコンセプトの

[][][]UI Architectureって? UI Architectureって? - 思考地図:OVALPLAN を含むブックマーク はてなブックマーク - UI Architectureって? - 思考地図:OVALPLAN

UI Architecture設計の視点

ゼロックスのパロアルト研究所でのUI誕生起源についてはUIを語る時に常に登場するエピソードであり、今さらここで繰り返す必要はないが、ポインティングディバイスやデスクトップメタファといったUIの基盤と呼べる設計が行われ、そのコンセプトがApple、Macintoshへ受け継がれ、Windowsによる世界標準へと広がった、という文明史的な流れだけでなく、(90年代前半の試行錯誤もありながら)2000年代にiPodを生みだしiPhone というニューコンセプトのプロダクトを誕生させたUIオリエンテッドな視点が、パロアルトからAppleにDNAのように組み込まれ引き継がれている、ということに、我々UIに関わる人間は強く意識していかなければならないと考えます。


DNAのように組み込まれたUIオリエンテッドな視点とは、UI Architectureに備わるべき視点とも言えます。

●体験してきた世界観

●人間の可能性

●未来イメージ

過去・現在・未来に対応した普遍的な視点と考えてみました。


一つの歴史が小説家によって見事な解釈の違い、視点の違いによって大きく異なるドラマへと編集され「そうかこの作者はこう解くか〜」と感心し、またその解によって見えてくる様々なパースペクティブの展開が頭の中を別の世界観へと誘う、、、小説家が同じ題材を異なる文脈で捉え再解釈して読み手に問いかける。そんなUI設計が望まれている、というよりもUI設計者自らが新たなる視点で再解釈し、新しいアーキテクチャーを構想するべきだと考えるのです。いみじくも建築設計の世界では、同じ機能や目的を持った建築をコンセプトオリエンテッドに提案することが、日常のように行われているという事実は、システム世界の構築においてもその必然性を示すものと考えて良いと思います。


恐らくこの弁への反論として、小説や建築の世界のような装飾性や個人的な解釈が立ち入るような感性的側面はむしろ排除すべき視点であり、客観的で論理性の高い効率優先を重視するのがシステム設計の世界である、という言葉が返されてくるでしょう。確かに現在のシステム世界は、工業化社会の歴史に置き換えると機械化文明が始まって量産的な時代にようやく入りつつあった20世紀半ばに匹敵するとしたら、部品の共通化、モジュールの標準化といった生産性のパラダイムが支配した時代に等しく、アーキテクチャという概念に注目しているシステム世界が、工業化社会に例えると現代にも活き活きと輝いているミッドセンチュリーと同じ世代に来ていると言えるのかもしれない。


だとすると、なおさらにして小説や建築や工業製品といった現代社会でもスタンダードとして愛されるシステムが次々と誕生する時代なのかもしれない。少なくともUIデザイナーとしては、そんな時代に少しでも未来スタンダード誕生に参画できる姿をイメージすることは、悪くはないと思うのです。そのためには、ミッドセンチュリーで行われたコンセプトメイキングのスピリットに学び、一方では、ITCによって生み出されている過去には類例を見ないパラダイム、すなわちユビキタス、Web2.0、モード2.0といったシステムオリエンテッドに展開される新パラダイムならではのコンセプトを、十分に活かした取り組みでなければならないのは、UIが寄って立つシステム世界への回帰性として見逃してはならないでしょう。

大草大草2009/09/21 02:129月12日にCSS Nite LP, Disk 7「IAスペシャル」という催しが開催されたそうです。
http://lp7.cssnite.jp/

「文脈」をキーワードに据えた長谷川恭久さんのプレゼンがSlideShareで公開されています。
http://www.yasuhisa.com/could/diary/css-nite-lp7/#more-903
「体験や感情はゴールになりうる」「行動を中心としたモデルの構築(の必要性)」といった言葉が強く印象に残るプレゼンです。

人は文脈の中で行動する。過去に得た体験・現在の周囲の状況・未来への目標…そういったものを理解しようとする姿勢とデザインアプローチとを関係づけて語られており、このエントリーとの共時性を感じました。

小林小林2009/09/22 20:47ビジネスアーキテクチャ、ITアーキテクチャ、エンタープライズアーキテクチャ、情報アーキテクチャ、、、アーキテクチャと名の付くコンセプトの根幹にある姿勢なのでしょうね。というよりもアーティスティックな行為全てに含まれる概念とも言えますね。あのピラミッドもそうして生まれたのでしょうから・・・