Hatena::Groupoval-plan

思考地図:OVALPLAN このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-01-26ICTの歴史とUIコンセプトの歴史(その4)

[][][][][][] ICTの歴史とUIコンセプトの歴史(その4) - 思考地図:OVALPLAN を含むブックマーク


70年代から80年代にかけて、自動車や家電を中心に日本の工業技術がトップレベルをキャッチアップしていった頃、米国では既にコンピュータ技術を中心とした情報化へ、先端技術の舵を大きくシフトしていった時でした。


米国がデジタルへとシフトしていった時、日本政府が日本製自動車輸出を優先し、トロン(日本産OS)技術の対米輸出を封印したという、出来事を忘れてはなりません。当時東大坂村健教授が開発したトロンは、リアルタイムOSとして世界的にも注目される存在でした。そのトロンOSをベースにした学校用パソコンを世界スタンダードとする戦略があったのですが、1989年の日米貿易摩擦によって米国から非関税障壁(スーパー301条)の候補に挙げられ、自動車輸出を優先してトロンOSの輸出を断念した結果、PCのデファクトOSになるチャンスを逸したのです。この出来事の背景として言えることは、自動車や家電といったアナログ技術だけでなく、コンピュータを中心としたデジタル技術の世界でも、日本は既に米国を脅かす技術を保有していたということで、ICTの歴史を語り始める時、忘れてはならないことだと思います。


この出来事は、その後の日米の技術領域意識、すなわち日本はアナログ=ハードウェア、米国はデジタル=ソフトウェアという図式にも大きく影響していったのではないかと考えられますが、実はこの図式の背景にはもう一つ大きな出来事がありました。それがこの小論の主役であるMFPの登場です。


丁度このトロンの一件があった頃、OA機器の世界では、後にオフィスに一台のデファクト機器へと進化するMFP(オフィス複合機)が誕生しました。

添付はインターソフト尾上さんが描かれたコンピュータ対OA機器の歴史俯瞰図で、1980年代にゼロックスのワークステーションStarに始めてGUIが搭載され、以降コンピュータとOA機器両世界でGUIを巡る戦略的攻防が展開されてきたことがコンピュータとOA機器の年表上に描かれています。


1970年代に設立されたゼロックス-パロアルト研究所での成果であるGUI誕生の話は、Wikipedia等で詳しいのでそちらを見ていただくとして、この図で大事なポイントは、そのGUIを搭載したStarというワークステーションが、従来設置空間的に住み分けていたコンピュータとOA機器が、結合したかたちで丁度中間的存在として登場した、というところです。


GUI誕生=Star登場の頃のコンピュータ世界は、PCすなわちパーソナルコンピュータの黎明期で(パソコンの歴史もWikipediaに詳しい)、1981年にIBMが発売したPCがインテルとMS-DOSというスタンダードを生み、パロアルト見学からGUIのヒントを得たジョブスが作ったApple Macintoshが登場し、そのGUIに啓発されたビルゲイツがWindows3.1を作り、デファクトとなるWindows95へとGUIを引き継いでいくという、一連のパソコンのメインストリームが始まった頃です。


そして丁度その頃日本のオフィス機器メーカーの技術課題は、ゼロックスのPPC(PlainPaperCopy)技術への追随、FAX機の通信画像精度、中身はPCと同じ構造で日本語文書処理だけに特化したワードプロセッサ、そしてマイクロフィルム技術から繋がっている電子ファイルなどでした。と同時に、台頭してきたコンピュータとどう連携していくのか、プロセッサや記憶媒体、メモリといったコンピュータ技術が育んできているハードウェアやネットワーク技術など、いわゆる情報処理におけるデジタル技術に焦点を当てた研究も中心的テーマとして取り組まれていました。コンピュータが席巻していく時代にOA機器メーカーは生き残れるのか、といったサバイバルのディスカッションも、外部者である私の耳にも入ってきたりして、ドラマチックな時代だったことを覚えています。


そうしたダイナミックな技術競争の中で、デジタル技術を基盤としたコピー複合機を経てMFPが誕生し、90年代にはOA世界のデファクトへと成長して行くのですが、OAのもう一方の舞台で急成長していくパソコンとの関係を、今あらためて歴史俯瞰をしておきたいと思っています。(と、ようやく本題に近づきました)

f:id:OVALPLAN:20110126184230j:image

尾上晏義尾上晏義2011/02/01 14:45この図の元々の出発点は、コンピュータはデータ処理の為の装置でMFPはオフィスワークのための道具というコンピュータvsOA機器でした。XeroxのStarがOA機器にコンピュータを利用した時の道具としての姿、使い方を研究・開発した(ちなみにXeroxパロアルト研究所のStarの開発目標は「将来の複写機の研究」とあります)
StarがOA機器にコンピュータを利用した時の初めにして最後(最終の)の姿を示してしまった(未だにこれ以上の理論的/技術的に完成度のある製品はない)、その中にGUIも含まれていたということです。つまり道具にコンピュータの要素を利用したことによりそれまでの人間工学的展開だけでは不足となり、Star以降ヒューマンインタフェースの研究分野が登場したということです。
これはあくまで道具にコンピュータの技術要素を利用するという考え方で、コンピュータを道具に仕立てようということではない。そのことが一番重要なことで、コンピュータの作法を道具に押し付けようとする流れがずっと続いてきたといえる・・・だから操作が難しくなってしまう。MFPはオフィスの道具にコンピュータを利用することに徹したことが理解しやすかったことにつながったと考えられる。後にCRXプロジェクト等でMFPの操作の標準化を行い、広く各メーカーにオープンにしたことも道具デザインとしての本来の思想を反映するための活動でした(アノニマス・アプライアンス)。マイクロソフトやアップルのような標準化により覇権を握るための活動ではありません。
・・・これはコンピュータ世界の話。ちなみにXeroxは道具としての発想でStarの考え方を世の中にオープンにしたことでマイクロソフト、アップルがこれをうまく利用してしまったということか。

小林郁央小林郁央2011/02/01 14:54なるほど、尾上さんのコンセプトはまさしく「道具論」であります。道具進化の中に技術を位置づけることで、新たな技術と道具世界の結合の新モデルが生まれていく。という歴史俯瞰ですね。この始めに道具ありきの考え方は、非常に日本的な概念ではないかと思っています。その道具論的歴史を道具目線で歴史を遡りながら、その心は、を開陳していきたいですね。(GKの道具論がまさにその考え方であり、道具学会http://www.dougu-tools.com/index.html山口さんからも以前ユーザインタフェースを道具学へ入れて欲しいと話されたことがありました。)

もう一方にある米国的発想は、覇権主義です。西欧の歴史は基本的に「覇権」の歴史で、未知なる世界や未開の地、諸悪、敵、自由にならないもの全て(結果的に自分以外の全て)を組み伏すことが最上の目的である、というコンセプトが底流にあります。

こんなにステレオタイプに物事を捉えては、短絡した進化論となってしまうといけないのですが、まずは上記のような俯瞰をベースに、ユーザインタフェースの歴史を記述していくことにします。

2011-01-10ICTの歴史とUIコンセプトの歴史(その3)

[][][][][][] ICTの歴史とUIコンセプトの歴史(その3) - 思考地図:OVALPLAN を含むブックマーク


1987年にデジタル複合複写機が誕生しています。当時はアナログ型の機械からコンピュータ=デジタルへの転換がオフィス機器の世界で展開が始まった頃でした。そんな中で、デジタル化の先にどのようなOA世界が展望できるのかの近未来OAの展望を、尾上さんは検討していました。当時尾上さんはデザインディビジョンにおられたのですが、ユーザインタフェース開発の視点からOAがどのように進化できるのかを考えておられた、ということです。このマップはその時のものを少しだけアレンジして描いていますが、興味深いことにここには80年代後半頃のOA世界の代表的役者がすべてプロットされています。


右上のIBMに代表されるEDPS(Electronic Data Processing System)は、コンピュータの主たる役割である会計や 売上集計、給与計算と行ったシステムを代表する役割を担っていて、次世代の主役を目された存在として右上に置かれているわけです。(2軸平面マップでは基本的に右肩上がり=右上が未来として位置づけられるという暗黙の了解があります)


その対称的左下に複写×スタンドアロンの複写機、FAX、LPが置かれ、台頭してきているコンピュータとシステムの世界からは、取り残されていく気配が示されています。また、右方向にプロットされオフィスで既に大きな勢力となりつつあるオフコン、PC、WPとも異なる位置づけです。


そして左下の単機能的OA機器をシステム指向に転換していくことで、左上の「新OAシステム」として進化していこう、という戦略マップが描かれているわけです。


ここで注目して頂きたいのですが、マップの縦軸の下が「スタンドアロン」に対して上が「システム」は右肩上がりを示す軸として明快なのですが、横軸の右に「コンピュータ」左に「複写」とあるのは違和感を感じます。あえて言うなら「コンピュータ」に対してはアナログな「機械」とするのが妥当だと思うのですが、そこはメーカーにとっての機械=複写という概念が基盤としてあったことを示しています。


そして複写(オフィス機器)×システム=新OAシステムの構想領域を、その当時のOA技術動向全体を俯瞰しつつ位置づけているのです。そして、その後1990年代に入ってからOA機器は全てMFP(MultiFunctionPeripheral)へと進化していった、すなわちこのマップで示している新OAシステムが実現されていった、と言えると思います。


さてこのマップで大事なポイントは、といいますと、2つあります。1つはスタンドアロンとシステム、複写とコンピュータというアクシスで、前者が技術軸で後者が機能軸で捉えていることです。二つ目は複写機、FAX、LPといった自社の基幹製品と競合(オフコン、PC、WP)、EDPSのような先進的世界も含め、それらのドメインの相対位置を示しながら次への展開領域を示す位置づけがなされているところです。


このアクシスの取り方とプロットする要素のくくりが、マップの大事な鍵を握っているのですが、1つの完成度の高いマップを導くためには、アクシスとプロットする要素を繰り返しマッピングしながら粘り強く試行錯誤を繰り返す事が大事です。


f:id:OVALPLAN:20110110223817j:image

2011-01-08ICTの歴史とUIコンセプトの歴史(その2)

[][][][][][] ICTの歴史とUIコンセプトの歴史(その2) - 思考地図:OVALPLAN を含むブックマーク


物事の歴史は、その物事を取り囲む様々な要素との相対的な関係の中で生まれ、育まれ、成熟し、次世代へと受け継がれていくものです。すなわち、独自に進化しているように見えるものであっても、そのものの周囲に有る競合品やそのものに対立する、もしくは日頃意識されていない基盤との関係性の中で成立しているものです。


十数年前には倒産寸前だったが、現在株価、売上ともにICTにおける覇者となったAppleの数々の製品群やサービスも、実はPC世界のデファクトWindowsやその上で展開されていったWeb世界、さらにWebの主役として躍り出たGoogle、といった技術の水平レイヤーを重層しつつ成長してきたICTの強力なデファクトが存在していたが故に、そうしたデファクト争いとは距離を置くことができたのが、成長の背景に見えざる力として働いていた、と俯瞰することができます。


15〜20年前マイクロソフトが覇者となったときに、IBM型垂直統合モデルから水平分業モデルが有効に働き成功した、とビジネス世界で盛んに言われていました。その水平型分業モデルは、米国のICT産業躍進の強力な構造論としてもてはやされていきましたが、そしてその影響をもろに受けたAppleが死に体寸前であったがために今日の躍進の立役者としてジョブスを神格化していますが、実はデファクトの自縛による落とし穴が幸いした、少なくとも自縛から逃れるための負担が不要だった、と解釈することもあながち間違いではないでしょう。


こうした歴史を競合や周辺要素とともにマップ化し俯瞰的に捉えていくことは、未来をイメージしたり戦略を考察していくためには重要です。私が最初に手にした戦略的なノウハウを解説した書物大前研一「企業参謀」は、1980年代当時始めていたマップを使ったコンセプトワークが、事業や製品の戦略地図として役立つのだ、と自信を持った始まりでした。


以来、あらゆるプロジェクトでアクシスを切ってマップ化することを起点とするようになっていき、1990年代には現在の「思考地図」として座標軸を固め、さらに最近は思考地図そのものを思考のエンジンとして道具化する、という方向を追求しつつあります。


このような、物事の俯瞰法を「思考地図論」として語っていくのは、抽象性が強くなりすげて大変難しい、と今年一年の思考地図事業を反省し、具体的な経験を元に歴史の記録として紐解いてみたいと考えました。そして俯瞰型思考をもの語る舞台として、コンセプトをマップ化することを中心に実践していった複合機開発の頃、80年代が最適だろうと考えています。そのなかで、マップ化からコンセプトを導き、そのコンセプト(概念)のモデル図を描く、という俯瞰型思考の方法を紐解くことも同時に行っていいけると思っています。


今日添付しているいくつかのマップは、当時尾上さんや私、大草さんが描いていたものです。大きい図としてお見せできないのは残念ですが、当時描いていた戦略俯瞰マップの様子が少しは伝わるかと思います。


そしてはじめに申し添えておきたいことは、こうしたマップが誰かがさらっと描いた、というのではなく、頭を付き合わせて何度も何度も会話しながら「この関係だとこれは言えるが、大事なあのことは位置づけにくい・・・」「では座標をこう入れ換えたら・・・」「背景としてこのことも匂わせておきたい・・・」といった、対話しながらの繰り返しの思考によって徐々に洗練されていった、ということです。今日のようなビジネススピードではとても間に合わない、のではなく、常々からアクシスを切って物事を俯瞰的に捉える習慣を身につけた者だけが、素早くしかも高度な俯瞰からのコンセプトを導き出すことが可能となるのです。


「コンセプトは物事の俯瞰から誕生する」


f:id:OVALPLAN:20110108174811j:imagef:id:OVALPLAN:20110108174809j:imagef:id:OVALPLAN:20110108174808j:image