Hatena::Groupoval-plan

思考地図:OVALPLAN このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-02-25ICTの歴史とUIコンセプトの歴史(その8)

[][][][][][] ICTの歴史とUIコンセプトの歴史(その8) - 思考地図:OVALPLAN を含むブックマーク

オフィスアプライアンスツールの誕生とUIの歴史俯瞰

コンピュータの最新技術をオフィスワークに最適化して誕生したオフィスアプライアンス③Starワークステーションも、残念なことに広くオフィスに普及することなく消えていきました。その理由はオフィス用としては高価だったことが大きかったと思いますが、80年代後半から90年代に展開されていったオフィスを中心としたコンピュータとOA機器の進化を俯瞰すると、様々な関係性として見えてきます。


まず①パソコンの進化としてIBM-PCのアーキテクチャーが解放されPC/AT互換機として世界中のコンピュータメーカーがハードとアプリケーションで参画できるようになり、低価格のパソコンが提供されるようになっていきました。さらにOSはマイクロソフトが提供するMS-DOSがデファクトとなり、コンピュータと言えばPC/AT互換機を指すようになっていったこと、そしてさらに、MS-DOSはMS Windowsへと進化していったことで、コンピュータ市場でのデファクトが決定的となりました。


実はそのWindowsがデファクトの位置を占める事になった背景として付け加えておかなければならないことが2つあります。1つはオフィスアプライアンスとして生まれたGUIがStarからMacintoshへと受け継がれ、90年代の初頭までは絶大なファンの元でユーザインタフェースのバージョンアップを重ねていく事が出来たことでGUIの洗練がすすみ、そのMacOSを真似ることで稚拙なGUIだったWindows3.1から一気にWindows95へ進化でき、同時にアプライアンスの条件でもあった完成度の高いツールアプリケーション=Office95をプリインストールできたこと。そしてもう一つは、PCの入出力ペリフェラル(周辺)として必要なOA機器類が④MFPとしてデファクト化されていたことで、OAでは取り残されていた個人毎の文書作成を推進するために一気にPCを導入し配ることができたことです。

f:id:OVALPLAN:20110226000912j:image