Hatena::Groupoval-plan

思考地図:OVALPLAN このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-03-28前掛かりの東京・・・

OVALPLAN20070328

[][]寺町から眺める 寺町から眺める - 思考地図:OVALPLAN を含むブックマーク はてなブックマーク - 寺町から眺める - 思考地図:OVALPLAN

http://www.2121designsight.jp/

「21_21 DESIGN SIGHTは、六本木・防衛庁跡地に誕生する“東京ミッドタウン”内に創設されるデザイン施設です。ミュージアムというよりもデザインのためのリサーチセンターであり、デザインについて考える場所であり、ものづくりの現場です。デザイナーをはじめ、企業、職人やエンジニア、一般ユーザーといったデザインを取り巻くあらゆる人々と意見を交換し、デザインへの関心と理解をムーブメントとして育てていくことを目指しています。」

とあります。

防衛庁跡地というのはなんなのだろう、、、「デザインリサーチの・・・」というその中身を見てみたいと思う以前のところで「ちょっと待て・・・東京のミッドタウン、、、」「デザインリサーチ・・・」前へ前へと、、、体重が前掛かりのまま、というよりは、またもや前掛かりに引っ張られるように走り出しているこの姿は、能動性ではない能動的受動性が感じられ、クリエイティビティの欠如ではないかと(思い上がった言葉と知りつつ)思うのです。足を知る事のない飢餓感といいますか、、、。

quantumfusionquantumfusion2007/04/06 05:48こんにちは、久しぶりの更新があって大変うれしいです。東京ミッドタウンのことは知っていたのですが、こんなミュージアム(じゃないのか)ができていたとは知りませんでした。安藤忠雄さんの建築で三宅一生さんのプロデュースのようですね。企業の参加はすごいけど、若いクリエーターさんたちが集まりそうんな感じはしませんね。でも東京ミッドタウンはまたしばらく観光名所となるでしょうから、こういう施設が必要というのはよくわかります。(ヒルズもそうですが、ビルの中って見るとこあまりありませんから)

小林小林2007/04/11 00:53コメント有り難うございます。
このミュージアムのことが先日NHKでも取材されていて、「最近は海外デザイナーの活躍が目について日本の優秀なデザイナーにももっと目を向けて欲しいとの思いでこのミュージアムを作りました、、、、」といったコメントを三宅一生がしていました。
実はここに落とし穴があると思います。私のここを見て!とアピールするときと言うのは、既に先頭から脱落していることを認めていることだと思います。先頭というのではないですね。活き活きとしていて、その活き活きさに黙っていても人が注目する、というのが本来のクリエイティブの粋さだと思うのです。
ちょうどこのミュージアムを紹介している頃オーストラリアのシドニー湾にかかりますハーバーブリッジ生誕75年祭のニュースが、優美なオペラハウスと一緒に映るいつもの映像が流れました。なんと美しいことでしょう!オペラハウスは1973年の完成で30年以上も経つのですが、恐らくこれ以上美しい建造物はその後建っていないと思います。ひたすら高く高くと技術競争のビルは建っても、美しさの点ではかないません。そして思ったのはミッドタウンのデザインミュージアムで最初に展示されているのが、このミュージアムを設計した安藤忠雄の建設プロセスだそうで、平板な三角形の建物が紹介されるわけですが、オペラハウスの優美さとどうしても比較してしまうわけです。比較するべきものでは無いとも思いますが、デザインがテーマであるだけに気になったわけです。

2006-11-15自分の手に合わせてサイズ変更可能なマウス

[][][] コクヨ「ユニバーサルデザインマウス<JUST ONE>」  コクヨ「ユニバーサルデザインマウス<JUST ONE>」 - 思考地図:OVALPLAN を含むブックマーク はてなブックマーク -  コクヨ「ユニバーサルデザインマウス<JUST ONE>」 - 思考地図:OVALPLAN

f:id:OVALPLAN:20061115211355j:image:w240


コクヨのニュースリリースにあるように、人間工学的なアプローチだけでなく、「評価グリッド法」という感性的なアプローチを活かしているのが興味深く思いました。


評価グリッド法とは、元々建築に対する満足度を測るために開発された手法ですが、近年、一般の製品開発においても活用が広がっているとのことです。

詳しくは、独立行政法人建築研究所 平成16年度講演会での報告(「公共施設のニーズおよび顧客満足度に関する分析技術の開発」)で、わかりやすくまとめられています。


評価グリッド法では,いくつかの評価対象に対する好ましさや魅力を比較評価させ,その理由を問うという形でインタビューを進めていく。さらに,「○○だから」という理由の回答に対して,「○○だとなぜよいか?」と聞くことで上位概念を抽出する「ラダーアップ」,「○○であるための条件または具体例は?」と聞くことで下位

概念を抽出する「ラダーダウン」という操作により,項目の補完と構造化を行う。ラダーアップとラダーダウンをあわせて「ラダーリング」と呼ぶ。


といった考え方など、なかなか興味深い内容です。


なお、文書はPDFなのでご注意ください。

PDF:「公共施設のニーズおよび顧客満足度に関する分析技術の開発」

川上川上2006/11/16 21:00
UD観点ではありませんが、同じマウスということで、追加で紹介します。

ジャイロセンサー搭載の空間マウス
http://buffalo.jp/products/new/2006/000357.html

空中で操作できるだけで、実体は2Dですが、ソフトウェア次第ですぐに3Dの入力を実現できそうです。

2006-11-14もっと大勢に参加してもらうには・DSギター

[][] DSギター"M-06"  DSギター"M-06" - 思考地図:OVALPLAN を含むブックマーク はてなブックマーク -  DSギター"M-06" - 思考地図:OVALPLAN

f:id:OVALPLAN:20061114202141j:image:w240


弾いて歌えるDSギター"M-06"


ニンテンドーDS用のソフトです。

タッチパネルをこするアクションを、ギターの弦を弾く動作に見立てています。

開発元曰く、"ゲーム"でなく"楽器"とのことです。

なかなか面白い考え方ですね。

大草大草2006/11/15 02:49
>最後の対策はUGCを志向するサービスにとって最低限のチェックリストとなりそうです

同感です。
二番目の「副作用を伴うようにする」については、多分訳し方が悪くて、「副作用として参加できるようにする」の方がいいかなと思います。
・アマゾンの推薦本:
  購入する→副作用として別の本をリコメンド
・アクセスカウンター:
  訪れる→副作用としてリードオンリーでも参加者にカウント
・ミクシイの「足あと」:
  訪れる→副作用として読者の存在を感じさせたり「足あと返し」を誘発
・はてなの「はてブ」「公開はてブ」・RSS登録:
  ブックマークする→副作用として人気記事ランキングに投票
・「公開はてブ」「共有ブックマーク」
  ブックマークを公開する→副作用としてユーザープロファイルとセットでサイトやページをリコメンド

もう一点、「結果や実行行為だけではなくて過程や保留行為も拾う」というのも追加してみたいです。(1.簡単に 2.副作用として ともかなりかぶりますが)
・アマゾンで「カートに入れたけど、今は買わない」:
  購入検討中リストに挙げておく→副作用としてユーザープロファイルをより正確に表明
 (意見表明して参加するところまでは踏み出さないが、
  自分用メモだけしておくと言う意味ではブックマークと同じ扱い?)
・DietTelevisionでの比較(実際には機能実装されていませんが…):
  微妙な比較行為を行う→副作用として主にどんな項目を比較しているか等のニーズを詳細に表明

川上川上2006/11/15 20:56>二番目の「副作用を伴うようにする」については、多分訳し方が悪く

確かによくないですね。
それでは「複作用」なんてのはいかがですか?
ちょっと複雑系を意識して。
「原理は単純を、構造は複雑を極め、人は最も人らしく」
座右の銘です。マンガですけれども。

>・アマゾンで「カートに入れたけど、今は買わない」
ウィッシュリストが近いですね。
他のユーザーに公開できるので、参加性は強そうです。

>微妙な比較行為を行う
機械的に実行するための切り分けが凄く難しいんですよね。
その観点でDietTelevisionに関して言うと、ユーザがパラメータの設定をいくつもクリップできれば、割と有用な「比較行為情報」を採れそうに思いました。
クリップという行動を目印にするわけで、シームレスさに欠けますけれども。

2006-11-06UIデバイス先進事例・PS3メニュー画面

[][][] 360度スクリーン  360度スクリーン - 思考地図:OVALPLAN を含むブックマーク はてなブックマーク -  360度スクリーン - 思考地図:OVALPLAN

f:id:OVALPLAN:20061106124344j:image:w120


http://japanese.engadget.com/2006/11/05/cheoptics360-holographic-display/


映像をみただけでは「すわ立体か」と思ってしまいますが、実際は360度どこからも視聴できる空中投影ディスプレイで、3Dではありません。


ただ、注目を集める力は相当なものだと思いますので、イベント・広告業界を中心に、今後ポピュラーな存在になるかもしれませんね。少なくとも飛行船より。


[][][] PS3のメニュー画面  PS3のメニュー画面 - 思考地図:OVALPLAN を含むブックマーク はてなブックマーク -  PS3のメニュー画面 - 思考地図:OVALPLAN

f:id:OVALPLAN:20061106130504j:image:w120 f:id:OVALPLAN:20061106130531j:image:w120 f:id:OVALPLAN:20061106130547j:image:w120


来る11/11発売予定のプレイステーション3のメニュー画面についてEngadget Japanの記事です。


もうおなじみのクロスバーUIです。

見所としては、5分30秒あたりから始まるスライドショー。その演出は、手書き風の日付表示、写真がはらはらと落ちてくるといった内容で、なかなか心地よく思えました。

最後に、webブラウザですが、キャプチャにあるようにエクスポゼ風の機能が実装されています。また、文字入力ではケイタイでメジャーな省入力方式(インクリメンタル入力)が採用されています。


個人的には、PC以上の解像度を持つフルHDとシンプルな入力デバイスという組合せなので、PCとケイタイの合いの子となるのは納得ですが、それだけでは少し物足りないよう思います。

xhwllumpirxhwllumpir2014/03/18 22:09hflzwpwbm.qmbo, <a href="http://www.njecegezmz.com/">oznioesvtl</a> , [url=http://www.chtxzvkpsg.com/]miajpycyvu[/url], http://www.pkiokpagua.com/ oznioesvtl